薬剤師として働く

大学の薬学部を卒業し、薬剤師の国家試験に合格すると、薬剤師の免許が取得できます。難易度は、一般の方においては高めですが、大学生においては標準です。薬剤師は、医師とは種別が異なりますが、患者さんと向き合う仕事と言えます。薬剤師の資格は、取得までに時間がかかります。大学は、1年生として入った場合、卒業までに6年間かかります。一部の大学では、転部制度や社会人入学制度を取り入れていますが、それでも4、5年間は勉強が必要です。

薬剤師は、あくまでも職業の一つです。資格としての薬剤師免許と、薬剤師としての働き方は、イコールではありません。資格を持った状態で、出版社で働くことや、薬剤師養成の予備校で講師を務める事も可能です。お金と薬には、深い関係があります。薬剤師として得た経験を使い、製薬会社に就職する方もおられます。しかし、「一流のプロ」として活躍できる方は限られていますし、将来性も不透明です。研究意欲が旺盛な方は、海外などで働かれます。

薬剤師の免許を取得した後も、どこで働くかに関わらず、一定のレベルへの到達が求められます。特に近頃では薬学部の新設が相次いでいるため、今日勝率が高く、基本的な能力だけでは出世できません。日々自分の実力と向き合いましょう。

薬剤師になる

薬の調剤や配合など、薬に関する専門的な知識を活かして仕事を行う職業が薬剤師です。この職業は、大学の薬学部を卒業し、国家試験に合格することで名乗れます。就職率は、他の職業に比べ、おおむね良好です。景気に左右されにくい職種と言えます。薬剤師という職業は、「薬に関する知識」のみならず、「患者さんに対する意識」も大切です。ストレスがたまりやすいので、対人関係を円滑に進められる方にオススメです。高校で化学の試験点数が高くないと、大学で苦労するでしょう。

薬剤師は病院などで働かれますが、ドラッグストアや調剤薬局も人気です。資格を取得することで、専門性の高い業務に従事できます。営業等を行う際も、製薬会社などの「薬学に詳しい方」との取引が主体となります。もちろん、その他の専門分野の勉強を行い、関連企業に転職する事も可能です。薬剤師は大学で6年間講義を受け、指定の科目を履修することで取得できる資格です。以前は4年制コースで取得できましたが、業務内容の高度化に伴い、6年制へと移行されました。ただし、研究者になりたい方は、4年制コースに進んだ後、それぞれの分野の大学院に進まれます。

たくさんの方が薬剤師の資格を取得されますが、一流になれるのはほんの一握りです。学歴のみならず、職種や将来の希望、これまでに積み重ねてきた経験が物を言いますので、一生勉強を続ける気持ちで努力しましょう。英語やドイツ語、中国語等も勉強しましょう。