様々な働き方

薬剤師は、一度免許を取得すれば、一生有効です。
ただし、毎年発売される深夜駆除情報を習得することや、患者さんとのコミュニケーションなど、薬学以外の知識も必要です。
近年のカリキュラム改正により、薬学部は6年制に移行しました。

主な勤務先として、調剤薬局やドラッグストア、病院や製薬会社があります。
研究者になれる方は一部分で、大多数の方が処方業務に携わるか、店員として働きます。
採用試験には、国立大学の出身か、それとも私立大学の出身か、地元の大学を卒業しているかなど、様々な条件が加味されます。
労務環境がお気に召さない場合は、独立も可能です。
個人でドラッグストアを立ち上げる方や、薬剤に関するアドバイザーになる事、病院のメディカルスタッフとしての勤務も可能です。
キャリアを積むことで、これらの選択肢は容易となります。

働く薬剤師の実際の姿を見学するなら、薬局を利用しましょう。
ただし、忙しい時間帯や、病院の近くにある調剤薬局はやめましょう。
大型店舗のドラッグストアなど、薬剤師の設置が義務付けられている店舗に入り、実際の姿を見学しましょう。
多くの状況を想定し、あなたがリーダーだったらどのように行動するか、よく考えましょう。