薬剤師資格を取る

薬剤師は、毒物や劇薬を扱う、専門資格です。一般には知られていない、様々な薬品を取り扱います。もちろん、大学などで専門的な実験を行うときも、その見識に基づいた判断が求められます。専門家として、プロとして、様々な責任を負う職業です。国家試験合格においても、勉学の積み重ねの結果が問われます。少なくとも、実験に必要な材料やグラフ、薬学の知識は必須です。短い時間で正確に問題を解く技術も必要です。

薬剤師になった後も、一定の経験を積み続けることで、その能力を開花させられます。薬剤の知識は、年を追うごとに増えますし、関連スキルも身に付きます。もっとも、毎日必死で努力しなければ、お望みのポストにつくことは叶わないでしょう。薬剤師の資格は、高い専門性を保証している事を示す、権威のある資格です。国内でこの資格を取得すれば、一定の審査の上、海外の大学などでも働けます。先進国の薬剤師の資格を取得できるチャンスを、有効に活用しましょう。

大学の難易度は様々ですが、より校難易度の薬学部なら、高い志を持った学生と出会えます。お互いを刺激し合える仲になれば、卒業後も交流を続けられるでしょう。あまり深い事は考えず、勉強に集中しましょう。キャリアを10年積んだ後の事を考えましょう。

様々な働き方

薬剤師は、一度免許を取得すれば、一生有効です。ただし、毎年発売される深夜駆除情報を習得することや、患者さんとのコミュニケーションなど、薬学以外の知識も必要です。近年のカリキュラム改正により、薬学部は6年制に移行しました。

主な勤務先として、調剤薬局やドラッグストア、病院や製薬会社があります。研究者になれる方は一部分で、大多数の方が処方業務に携わるか、店員として働きます。採用試験には、国立大学の出身か、それとも私立大学の出身か、地元の大学を卒業しているかなど、様々な条件が加味されます。労務環境がお気に召さない場合は、独立も可能です。個人でドラッグストアを立ち上げる方や、薬剤に関するアドバイザーになる事、病院のメディカルスタッフとしての勤務も可能です。キャリアを積むことで、これらの選択肢は容易となります。

働く薬剤師の実際の姿を見学するなら、薬局を利用しましょう。ただし、忙しい時間帯や、病院の近くにある調剤薬局はやめましょう。大型店舗のドラッグストアなど、薬剤師の設置が義務付けられている店舗に入り、実際の姿を見学しましょう。多くの状況を想定し、あなたがリーダーだったらどのように行動するか、よく考えましょう。また、転職サイトを活用すると、専任のコンサルタントが担当に付いてもらえるところもあります。検索機能などを使えば、自分が働きたい時間帯や給料を検索することができるので、こちらも参考にしてみてはいかがでしょうか。

◆参考HP◆キャリアフィールド_薬剤師転職